伝えたいことを伝えるには

2017.04.23 by 金子文

横川 筆文字 メッセージ

文章でもプレゼンでも、
何を伝えるのかを決めておかないと、
何を言いたいのかわからない
発信になってしまいます。

 

文字量が求められる文章を書く際には、
とりわけ注意が必要になります。

 

文字量を増やすために、
本題とは少しずれたことを
盛り込もうとすると、
そのズレがズレでなくなり、
いつの間にか本題を乗っ取っている。

 

でも、書いている本人としては、
まったく気付かないんです。

 

ボクもよくやってしまいます。

 

数日経って読み返してみると、
何が言いたいんだ、この文章…

 

って、自分が書いたものに対して、
自分でツッコミを入れて、

そんな文章を読ませてしまったことに
反省するのです。

 

何を伝えるのか、
まずはそれを決めます。

 

そして、そのテーマと
自分の身近に起こったことの
つながりを発見して…というか、

無理にでもつなげることで、
あなたにしか書けない文章になります。

 

…という書き方を指導しておきながら、
ボク自身は、身近なことを書くのが
苦手なんですけどね。

思考の文字化で人生は100%変わる

「文字化力強化合宿」

詳細はこちら

文字化力強化合宿

 

横川 裕之
「心が整うことばの朝食」
メルマガ登録はこちら

メルマガの登録はこちら

 

筆文字感想

何を伝えたいのか、
ゴールを決めて

 

書き始めること、
大事です。

 

私がセールスレターの
書き方を学んでいる
池田 美清さんが

 

先日お会いした時に

「レターを書く前には必ず
話の大筋と展開をマインドマップで
描いてから書く」

 

と言われていました。

 

プロの方でもちゃんと
先に構成を組み立てて
書かれているのだなと

 

その時は思いましたが、

 

プロだからこそちゃんと
構成を組み立てて

 

話をブラすことなく
ゴールに向かって

 

書かれているのだなと
今、気がつきました。

 

この筆文字の感想を
書く時は、

 

メッセージを読んで、

 

”いいことに気がつきました”

 

という感想だけでは
私の視点が入ってないので、

 

私の身近に起こったことに絡めて
書けたらいいなぁと
日々努力しています。

 

それから、

 

私はビジネスを
遠藤 晃先生の

養成塾で学びました。

 

遠藤先生は
ストーリーで人を
やる気にさせ、
行動させるのが

とても上手な方です。

 

私は以前、
遠藤先生のコミュニティーの
公式ブログを書いていました。

 

その時に書いた、

遠藤先生の講義レポートが
参考になりますので、
リンクを貼っておきます。

 

人に伝わる話をする時の
キモになることが
書いてありますので

読んで見てください。

 

チームNo.1公式ブログ | チームNo.1の活動内容やセミナー情報などを発信! – Part 30

チームNo.1公式ブログ | チームNo.1の活動内容やセミナー情報などを発信! – Part 29

 

The following two tabs change content below.
金子文

金子文

「文字化力強化合宿」を受講して人生が変わりました!自信がなかった私が今では「広島に学びの場を作る!」をモットーに全国で活躍している講師を広島にお招きして講演会を主催しています。参加者の方から「広島に居ながらにしてビジネスの最前線の情報が受け取れる」と喜んで頂いています。講演会を主催して養った集客ノウハウで集客支援も展開中。 金子のブログはこちらhttp://aya1.info

↑
Facebookでシェア
Twitterでシェア
はてなブックマークに追加