夢の手入れの仕方

2017.05.02 by 金子文

横川 筆文字メッセージ

 

2017年も5ヶ月が経ちました。

年始に立てた目標、
以前から持っていた夢、
この5ヶ月の進捗は
いかがだったでしょうか??

 

夢や目標は植物と同じようなもので、
日頃から手入れしていないと、
いつの間にか枯れてしまいます。

 

夢や目標に向けての行動を
毎日記録することも大事ですが、
結構ハードルが高かったりします。

 

そこで、その夢や目標を毎日眺め、
それらが実現できたときのことを
夢想妄想してニヤニヤします。

 

実現できたときのことを
イメージできなければ、
その夢や目標の実現は
ないでしょう。

 

イメージできないということは、
実現した姿が見えないということ。

 

見えないものをいくら
追いかけたって、そりゃ
いつまで経っても辿り着けません。

 

そうして、たどり着くことに
絶望を感じたとたんに、
夢や目標の手入れをしなくなり、

結局、夢や目標に対して、
挫折感しかない状態に
なってしまうのです。

 

まずは夢や目標を紙に書き、
その夢や目標を実現したときの姿を

 

ありありとイメージさせることを
毎日やっていくところから、
そこから手入れを始めていきましょう(^^)

思考の文字化で人生は100%変わる

詳細はこちら

文字化力強化合宿

 

横川 裕之
「心が整うことばの朝食」
メルマガ登録はこちら

メルマガの登録はこちら

 

筆文字感想

夢が叶わない大きな理由
はなんでしょう。

 

それは

 

「忘れてしまうから」

 

最初、この答えを聞いた時、
私はえーっと思いました。

自分の大事な夢を忘れて
しまうなんて、

そんなことあるのかしら
と思ったのです。

 

だけど、

横川さんの筆文字に書いてあるように

夢や目標を達成した
イメージできないから、

たどり着くことができず、

夢や目標は叶わないものだと
絶望して

 

夢を”枯らして”しまい、
そして
 
そのうち”忘れる”のだと
いうことがわかりました。

 

人間はイメージの動物と
言われています。

 

自分がイメージできないことは
実際にそうなることもできません。

 

合気道の先生がこんなことを
言われていました。

 

幼稚園に行き、子どもたちに
目を閉じさせて静かに座らせます。

 

「今から

心の中でかけっこするよ。

よ〜い どん!」

 

しばらくして、

 

「はい。目をあけて。

今のかけっこで一番になった人、
手を上げてごらん」

 

というと数人の子どもが手を
あげます。

 

実際にかけっこをした時に
一番になるのはこの時に手を
上げた子です。

 

手を上げなかった子が
一番になることはありません。

 

こんな話を聞いたことも
あります。

 

どうしてホームレスは
いつまでたってもお金持ちになれないのか?

 

 

それはそのホームレスがお金持ちの生活を
イメージすることができないから・・・

 

なのだそうです。

これは逆にいうと、

 

お金持ちの生活がイメージできれば
お金持ちになることができると
いうことです。

 

家でお金持ちになった
自分を想像してニヤニヤするのも
いいですが、

 

リッチな気分になれる
ところに行けば

もっとリアルにイメージできます。

 

だから私は時々ホテルの
ラウンジでお茶を飲みます。

 

コーヒーを一杯飲むと
税金やサービス料がかかるので、

1500円くらいかかります。

 

スタバに3回行ったと思えば

 

1500円は払えない金額では
ありません。

 

ホテルの豪華な雰囲気で
お茶を飲むのは

夢に水をやるようなもの。

 

1500円で夢が枯れないなら
安い投資かなと思います。

The following two tabs change content below.
金子文

金子文

「文字化力強化合宿」を受講して人生が変わりました!自信がなかった私が今では「広島に学びの場を作る!」をモットーに全国で活躍している講師を広島にお招きして講演会を主催しています。参加者の方から「広島に居ながらにしてビジネスの最前線の情報が受け取れる」と喜んで頂いています。講演会を主催して養った集客ノウハウで集客支援も展開中。 金子のブログはこちらhttp://aya1.info

↑
Facebookでシェア
Twitterでシェア
はてなブックマークに追加