一点集中

2017.07.18 by 金子文

横川筆文字メッセージ

(筆文字メッセージ)
効率を求めると
逆に非効率になりやすい。
一方で非効率に思える一点集中を
すると効率が上がることがある。

 

効率を求めると、
どうしても目の前の作業に
集中できなくなります。
あっ、あれもやらないと
これもやらないと… 次から次へと
やることを思いつきます。

 

やることを思いつくのはいいんですが、
もともと、何をやっていたんだっけ…
という状態になることもしばしば^^;

 

また集中できていないがゆえに、
ミスも多発します。

 

たとえば、文章を書いていると、
誤字脱字の修正が多発します。

 

書いている時は、
誤字脱字なんかないと思うんです。

 

でも、読み返してみると、
誤字脱字ばかりで修正に時間がかかる…。

 

下手すると、誤字脱字の修正すらせず、
相手に提出することもあります。

 

相手からすれば誤字脱字ばかりの
文章を読まされるわけです。

 

真剣に仕事に取り組んでない
と思われて、信頼を失います。

 

そんな些細なこと…
と思うかもしれませんが、

些細なことすらできないのに、
大きなことができるわけがありません。

 

あれもこれもと
早く終わらせたい気持ちはわかります。

 

でも、長い目でみてみると
効率的になるのは、

一点集中で取り組む
非効率的なことなのです。

筆文字メッセージ感想

私は今横川さんが主催されている

思考を文字化するトレーニングの講座
「文字化力強化合宿」に参加しています。

 

「文字化力強化合宿」では横川さんから毎日
だされる”お題”についてまず

15分書きます。

そして書いたものを横川さんが読んで、
曖昧なところにツッコミを
入れてくれます。

 

ツッコミが入ったところをさらに
深く掘り下げて考えることで、

思考を深めて行きます。

15分を実際にタイマーで計って書くと

自分が書きやすいお題だと、
あっというまに15分経ちます。

苦しいのは、
文章が続かず、時間が余って
しまった時です。

 

ひと通り自分の想いを書いて
タイマーを見るとまだ5分以上もある時は

がっかりします。

 

でも、この残りの時間に何か書くことで
負荷がかかり、

文章力があがるとのことなので、
頑張って何か書いています。

 

そして、見直しをして、
誤字脱字を訂正して投稿したつもりが、

けっこう誤字脱字があったりします。

 

それを横川さんは丁寧に指摘して
下さいます。

 

そうして、誤字脱字がないように
意識づけることで、

 

他の文章も誤字脱字がないように、
指導してくださっているのです。

 

そして、この15分という時間を計りながら
作業をするというのは

時間管理においてもとても有効です。

 

私はその日の時間配分を決めても、
午前中で崩れてしまうことが
よくあります。

 

その原因は仕事の見積もり時間を
短く見積もっているからでもありますが、

”だらだらやりすぎる”
ということもあります。

 

タイマーで時間を計ることで
集中できますし、
時間をオーバーすることがありません。

 

本を読むなど、重要だけど、緊急でないことは
毎日少しづつ取り組むことが大事なので、

もうちょっと読みたいと思っても
時間が来たら切り上げます。

 

また、気分が
ノッている時はどんどんはかどりますが、
ノッていないときは、

すぐに飽きてしまって
ネットサーフィンをしてしまったりします。

 

なので、タイマーをかけると
集中力が散漫になったり、
無駄にネットサーフィンをすることを
防ぐことができます。

 

集中して取り組みたいときは
15分タイマーをかけてみてください。

 

仕事がはかどります。

 

 

 

思考の文字化で人生は100%変わります。

「文字化力強化合宿」14期募集中!
詳細はこちら

文字化力強化合宿

 

横川 裕之
「心が整うことばの朝食」
メルマガ登録はこちら

メルマガの登録はこちら
The following two tabs change content below.
金子文

金子文

「文字化力強化合宿」を受講して人生が変わりました!自信がなかった私が今では「広島に学びの場を作る!」をモットーに全国で活躍している講師を広島にお招きして講演会を主催しています。参加者の方から「広島に居ながらにしてビジネスの最前線の情報が受け取れる」と喜んで頂いています。講演会を主催して養った集客ノウハウで集客支援も展開中。 金子のブログはこちらhttp://aya1.info

↑
Facebookでシェア
Twitterでシェア
はてなブックマークに追加