謝るべき相手を間違っていませんか?

2017.11.25 by 横川 裕之

◎謝るべき相手を間違っていませんか?

いつもお読みいただき、ありがとうございます。
横川です。
 
自分を変えるんだ!!
 
と、自分自身で決めた瞬間があるからこそ、
自分を変えることにトライしているはずです。 
 
誰かに「どうか変わって下さい」なんて、
お願いなんかされていないでしょう??
 
変わりたい、って決めてトライし始めたのは、
自分自身です。
 
ボクができるのは、その変わるための
お手伝いであって、変えることなんてできません。
 
 
にもかかわらず、自分を変えるためにしている
行動が止まったことを報告されたときに、
 
「やれずにすみません」
 
って、謝られます。
    
  
そんな時にはこうお伝えします。
  
「まず謝るべき相手はあなた自身です。
変わらなくたって誰も困りません。
 
誰も困らないのに、あなたは変わりたい、
と決意して、トライしているわけです。
 
その変わりたい、と決意した瞬間の
自分自身を思い出して下さい。
 
なんで変わりたいと思ったんですか??
  
行動するもしないも、あなたの自由です。
 
でも、行動しない、ということは、
あの瞬間、変わりたい、と決意した
あなた自身を裏切っていることになるんです。」
 
 
正直、自分が変わらなくたって
困ることはありません。
 
だって、これまでの自分で
充分に生きて来れたんですから。
 
いや、むしろ変わられる方が、
あなたのまわりにとっては迷惑になる可能性が高いです。
 

それでも、これまでの自分では満足がいかないからこそ、
自分は変わりたい!変わろう!
と、決意して取り組まれたわけです。
 
教えてくれる人や支えてくれる人のために
やっているわけじゃないんです。

「変わろうとしている自分はスゴいでしょ??」
 
そんな承認を求めるためにお金を払う人もいれば、
お金を受け取って、それを認めるような人もいます。
 
 
変わらなくたって困らないのに、
なんでわざわざ自分を高めようと努力するのか。
 

もし、行動が止まってしまったのであれば、
その決意した瞬間に立ち戻ってみるといいです。
 
止むに止まれぬ強い思いがあったからこそ、
変わろう!と思ったはずです。
 
そして、その決意した瞬間の自分に謝り、
また新たな一歩を踏み出せばいいのです。

謝るべきは、あの日あの時、
変わる!と決意した自分自身に対してです。
 
今回は以上になります。
  
 
この文章を読んでくださった
あなたの心が明るく、軽く、温かく、
幸せになれますことを心からお祈りして、
この文章を締めさせていただきます。
 

今日も長文をお読みいただき、
本当にありがとうございました。  

■人生に革命が起きる【文字化合宿】■
90日間、1日1つのお題を15分。
書き続けていくことで、あなたの人生に革命が起こり、
あなたの変化に合わせて、あなたのまわりも変わっていきます。

人生に革命が起きた受講生の声は、
39ページからお読み下さい

  

■心が整う【ことばの朝食】■
体の一日分のエネルギー補給は食事から。
心の一日分のエネルギー補給はこのメルマガでどうぞ。
登録3日後に受け取れる【成果を出す人出せない人の違い】の教材が大好評です。

ご登録はこちらから

The following two tabs change content below.

横川 裕之

人も仕事もお金も引き寄せる「すごい自己紹介」著者。 2016年3月23日の発売日にAmazonのビジネス交渉・心理学部門で1位。 以来、Amazonでは在庫切れが続く。 自分自身の経験を元に開発した通信講座【文字化力強化合宿】において、60代の会社経営者、30代の学校の先生・刑事、20代の専業主婦など、業種年齢問わずに、受講者の人生に革命を起こす。 キーワードは「思考の文字化で人生は100%変わる」。

↑
Facebookでシェア
Twitterでシェア
はてなブックマークに追加