過去の自分は嫌い、でも、今、あるがままの自分は好き、という矛盾

2017.12.20 by 横川 裕之

◎過去の自分は嫌い、でも、今、あるがままの自分は好き、という矛盾
 
いつもお読みいただき、ありがとうございます。
横川です。
 
過去の自分なんて関係ない。

【今、あるがままの自分】を受け入れて、
好きになればいいんです。

みたいなことが、まことしやかに言われていますが、
その、【今、あるがままの自分】ってやつは、
生まれてから今日までの
積み重ねで作られているものです。

この瞬間から前の時間のことを
【過去】と言います。
 
 
過去の自分を好きになれないのに、
どうして、その過去が積み重なった
今の自分を好きになれるのでしょうか??

過去の自分を好きになれないのなら、
未来において自分の理想を実現させても、
その時点での自分を好きになることもありません。

なぜなら、過去の自分を好きになれない、
という思考の癖がついているので、
仮に理想を実現させても、
自分なんて…っていう
劣等感がいつまでも残っているからです。

今の自分を好きになるためには、
過去の自分を好きになる。

思い出したくない過去もあるでしょう。

だけど、その過去があるからこそ、
今の自分があるわけです。

過去から目を逸らしていたら、
ずっと過去から目を逸らして
生き続ける人間になるだけです。

過去・いま・未来はつながっているので、
過去の自分が好きにならなければ、
いまの自分を好きになれないし、
いまの自分を好きになれなければ、
当然、未来の自分も自分を好きになっていません。
 
 
ぜひ覚えて置いていただきたいです。
  
今回は以上になります。
  
 
この文章を読んでくださった
あなたの心が明るく、軽く、温かく、
幸せになれますことを心からお祈りして、
この文章を締めさせていただきます。
 

今日も長文をお読みいただき、
本当にありがとうございました。
 
 

■心が整う【ことばの朝食】■
体の一日分のエネルギー補給は食事から。
心の一日分のエネルギー補給はこのメルマガでどうぞ。
登録3日後に受け取れる【成果を出す人出せない人の違い】の教材が大好評です。

ご登録はこちらから

 

The following two tabs change content below.

横川 裕之

人も仕事もお金も引き寄せる「すごい自己紹介」著者。 2016年3月23日の発売日にAmazonのビジネス交渉・心理学部門で1位。 以来、Amazonでは在庫切れが続く。 自分自身の経験を元に開発した通信講座【文字化力強化合宿】において、60代の会社経営者、30代の学校の先生・刑事、20代の専業主婦など、業種年齢問わずに、受講者の人生に革命を起こす。 キーワードは「思考の文字化で人生は100%変わる」。

↑
Facebookでシェア
Twitterでシェア
はてなブックマークに追加