意図していないのに嫌われちゃう人へ

2017.12.21 by 横川 裕之

◎意図していないのに嫌われちゃう人へ

いつもお読みいただき、ありがとうございます。
横川です。
 
何をやっても人から嫌われる、極稀にそんな人がいます。

わざわざ人に嫌われたい…なんていう人は
まぁ、めったにいないですよね。
 
その嫌われたい…というのは、
自分を見て欲しいと素直に言えないだけでも
あるんですが、ここでは置いておきます。
 
何をやっても人から嫌われる人は、
イイことやったら、いい子ぶりやがって…
気に入られようとしやがって…と、陰口を叩かれ、
逆に何もしなかったら、何もしない、役立たず…と罵られる。
 
 
しかも、陰口と書いていますが、
あえてこちらに聞こえるように言ってきて、
それに対してキレると、

あなたのことじゃないよ、
何、自意識過剰になってんの??

って、遊ばれるという…。

やってもやらなくても、自分はダメなんだ。。
じゃあ、どうすればいいんだ。。
 

って、袋小路にハマっていき、人を信用できなくなり、
人を信用できないから、
そのことが言葉や態度の節々に現れ、
さらに悪循環に陥っていきます。
 
 
この世には誰も自分のことを
分かってくれる人はいないんだ…

というところまで行き着いたときに、吹っ切れて、
人からどう思われるかよりも、自分が相手をどう思うかに
意識を向けるということに気づくことができました。

相手が自分をどう思うかなんて、
相手の問題ですから、
そもそもコントロールできません。
 
 
でも、相手をどう思うかについては、
自分の問題なので、自分でコントロールできます。

コントロールできないことに心を囚われていても、
現実は変わらないし、
エネルギーが無駄に消費されていって
無気力状態に陥っていきます。

坂本龍馬の有名な言葉にこんな言葉があります。

【世の人は我を何とも言わば言え
 我が成す事は我のみぞ知る】

心のどこかで人の評価を気にしてしまい、
自分への悪評に感情的な反応を示してしまうならば、
その生き方はいまだ利己の域を脱していない
ということを言っているんだと、ボクは思います。
 
 
ちなみに冒頭に

何をやっても人から嫌われる、極稀にそんな人がいます。

と、書きましたが、これ、以前のボクのことです。
 
(いや、以前じゃなく現在もそうかも(苦笑))

何をやっても嫌われていると思っているので、
思考は現実化して、嫌われていくという悪循環。

それを払拭できたのは、書いたとおりに

「相手をコントロールできない」

と諦めたことです。

好き嫌いは自分が決めることじゃなくて、
相手が決めることです。

そして、嫌われている相手に好かれようとするほど
時間が豊富にあるわけじゃありませんから、
無理に相手に合わせることもないのです。

そうやって振り切ってしまうと、
相手が視界に入ってこなくなりますので、
生きるのがホント楽になりました。
 
何かの参考になれば幸いです。
 
今回は以上になります。
  
 
この文章を読んでくださった
あなたの心が明るく、軽く、温かく、
幸せになれますことを心からお祈りして、
この文章を締めさせていただきます。
 

今日も長文をお読みいただき、
本当にありがとうございました。
 
 

■心が整う【ことばの朝食】■
体の一日分のエネルギー補給は食事から。
心の一日分のエネルギー補給はこのメルマガでどうぞ。
登録3日後に受け取れる【成果を出す人出せない人の違い】の教材が大好評です。

ご登録はこちらから

The following two tabs change content below.

横川 裕之

人も仕事もお金も引き寄せる「すごい自己紹介」著者。 2016年3月23日の発売日にAmazonのビジネス交渉・心理学部門で1位。 以来、Amazonでは在庫切れが続く。 自分自身の経験を元に開発した通信講座【文字化力強化合宿】において、60代の会社経営者、30代の学校の先生・刑事、20代の専業主婦など、業種年齢問わずに、受講者の人生に革命を起こす。 キーワードは「思考の文字化で人生は100%変わる」。

↑
Facebookでシェア
Twitterでシェア
はてなブックマークに追加