お役立ちレベルを高める4つのステップ

2018.03.09 by 横川 裕之

◎お役立ちレベルを高める4つのステップ
 
いつもお読みいただき、ありがとうございます。
横川です。
 
人のお役に立つためには、
自分自身のお役立ちレベルを
高めていく必要があります。
 
 
人のために…
と、善意で動くことは大事ですけど、
自分では良かれと思ってやったことが、
本当に相手のためになっているとは
限らないです。
 
 
こんな経験ないですか??
 
相手のために…と思ってやったのに、
相手はまったく喜んでくれないどころか、
むしろ相手を不機嫌にさせてしまう
という経験が…。
 
 
特に関係が近ければ近いほど、
地雷を踏んでしまうという…(苦笑)
  
 
自分の都合がいいように思い込んで、
これは喜んでくれるだろう!!
っていうときほど喜んでくれない。
 
そもそも、相手がいなかったら、
喜ばす行動もできなかったのに、
行動できたことに感謝することもなく、
喜んでくれないことに怒る…。
 
 
じゃあ、お役立ちレベルを上げるためには
どうしたらいいのか??
 
ボクが考える4つのステップを
シェアさせていただきます。 
 

1.相手の幸せや喜びを
 あれやこれやと考えてみる。
 
2.もし直接相手に聞けるのなら、
 何をしてくれたら嬉しいのかを
 直接聞いてみる
 
3.1と2を踏まえて、自分ができることを
 思いつく限り考えてみる
 
4.実際にやってみて、相手の反応や変化を見る
 
5.その反応や変化に応じて、
 再び1に戻って考えてみる

 
 
5つになってますが、
まぁ、氣にしないでください(笑)
 

自分のお役立ちレベルを上げるためには、
相手を喜ばすための
PDCAサイクルをまわしましょう、
ということです。
 
PDCAサイクルとは、
下記の4つの頭文字を取ったものです。 
 
P=Plan(計画)
D=Do(行動)
C=Check(確認)
A=Action(改善)
   
新入社員教育などで行うので、
あなたにとっては、耳だこかもしれません。
 
その仕事で耳だこなことが、
実は日常生活で人間関係を向上させるために、
いっぱい使えるのです。
   
今回は以上になります。
  
 
この文章を読んでくださった
あなたの心が明るく、軽く、温かく、
幸せになれますことを心からお祈りして、
この文章を締めさせていただきます。
 

今日も長文をお読みいただき、
本当にありがとうございました。
 
 

■心が整う【ことばの朝食】■
体の一日分のエネルギー補給は食事から。
心の一日分のエネルギー補給はこのメルマガでどうぞ。
登録3日後に受け取れる【成果を出す人出せない人の違い】の教材が大好評です。

ご登録はこちらから

 

The following two tabs change content below.

横川 裕之

人も仕事もお金も引き寄せる「すごい自己紹介」著者。 2016年3月23日の発売日にAmazonのビジネス交渉・心理学部門で1位。 以来、Amazonでは在庫切れが続く。 自分自身の経験を元に開発した通信講座【文字化力強化合宿】において、60代の会社経営者、30代の学校の先生・刑事、20代の専業主婦など、業種年齢問わずに、受講者の人生に革命を起こす。 キーワードは「思考の文字化で人生は100%変わる」。

↑
Facebookでシェア
Twitterでシェア
はてなブックマークに追加