話が伝わらない7つの原因

2018.03.22 by 横川 裕之

◎話が伝わらない7つの原因
 
いつもお読みいただき、ありがとうございます。
横川です。
 
 
話を伝えたいのに、伝わらない。

そんな経験を誰もがされていることと思います。
 
 
その主な原因を7つ挙げてみます。

 1.相手が理解できる伝え方になっていない
 2.伝える回数が足りない
 3.こちらへの信頼が不足している
 4.自分が相手に伝えたいという【熱量】が低い
 5.話をしている場所や状況が悪い
 6.3にも繋がるところがありますが、
  相手にとって自分以上に信頼できる適任の人がいる
 7.そもそも伝える内容が浅すぎる

もし、この7つのどれかを改善したり、
工夫したりしても、相手に伝わらないなら、

その相手は
そもそもこちらの話を
全く理解できない人なのかもしれません。

もしくは、素直に受け入れられて、
理解してもらえるタイミングではない

このどちらかだと考えられます。
 
…では、具体的にそれぞれ
どうしたらいいのかを
書きたいのですが、すみません…。
 
緊急対応の案件依頼がありましたので、
今日はここまでとさせてください。
 
 
この文章を読んでくださった
あなたの心が明るく、軽く、温かく、
幸せになれますことを心からお祈りして、
この文章を締めさせていただきます。
 

今日もお読みいただき、
本当にありがとうございました。
 
 

■心が整う【ことばの朝食】■
体の一日分のエネルギー補給は食事から。
心の一日分のエネルギー補給はこのメルマガでどうぞ。
登録3日後に受け取れる【成果を出す人出せない人の違い】の教材が大好評です。

ご登録はこちらから

The following two tabs change content below.

横川 裕之

人も仕事もお金も引き寄せる「すごい自己紹介」著者。 2016年3月23日の発売日にAmazonのビジネス交渉・心理学部門で1位。 以来、Amazonでは在庫切れが続く。 自分自身の経験を元に開発した通信講座【文字化力強化合宿】において、60代の会社経営者、30代の学校の先生・刑事、20代の専業主婦など、業種年齢問わずに、受講者の人生に革命を起こす。 キーワードは「思考の文字化で人生は100%変わる」。

↑
Facebookでシェア
Twitterでシェア
はてなブックマークに追加