すべては自分次第。自分で決めて、自分で選べばいいんだ。

2018.02.01 by 横川 裕之

◎すべては自分次第。自分で決めて、自分で選べばいいんだ。
 
いつもお読みいただき、ありがとうございます。
横川です。
 
人と会うのが怖い、人の反応が怖い、
人に評価されるのが怖い、
つまらない人間と思われるのが怖い、
何かをやるからには一番でないといけない、
一番になれないのなら、やる意味も、
始める意味も、続ける意味もない、
失敗するのが怖い…。
   
  
そんな他人に振り回されていた
毎日を過ごされていた女性が、
文字化合宿で3ヶ月、
毎日書き続けたことによる
変化をまとめてくださいました。
 

「文字化合宿」と聞くと、文章力をアップさせるの?
と思われるかもしれませんが、
この合宿は文章力をアップしたい方だけではなく、
下記のような方におすすめです。
 
・人生の主導権を取り戻したい方
・自分の価値が分からない方
・自分に自信が持てず、そのことが人生の様々なことに
ブレーキをかけてしまっている方
・やりたいことが分からない方
・やりたいことがうすうす分かっているけれど、
そのために何をすればいいのか分からず動けない方
 
かく言う私がこれに当てはまっていました。


 
■3ヶ月前の私…
 
・人と会うのが怖い
・人の反応が怖い
・人に評価されるのが怖い
・つまらない人間と思われるのが怖い
・何かをやるからには一番でないといけない
・一番になれないのなら、やる意味がない。
始める意味もない。続ける意味もない
・失敗するのが怖い
 
これらの怖れていることに直面しないためには、
人が集まる場には行かない、
新しいことはやらない、何も継続しないことが一番!
 
 
■これが3ヶ月後には…
 
・人が面白い。人と会うのが楽しい
・他人の反応や感情は、他人のもの。
他人をコントロールすることにエネルギーを注ぐのではなく、
自分ができることをやっていこう
・突然一番になる必要なんてない。
少しずつ、自分がワクワクすることを、
一歩ずつやっていこう。
0歩はいつまでも0歩だけど、
1歩は必ず1000歩にも10000万歩にもなる
・できなかったところではなく、できたところに目を向けよう
・失敗は、ネタや経験にしてしまおう
 
 
なんや、人ってオモロイ!知らない人と会うことも、
色んなことやってみることも、そして私自身も、
人生も、意外とオモロイし、ありがたいことがいっぱいやん!
 
毎日お題に取り組んで、横川さんや同期の仲間から
コメントをいただき、3ヶ月経って、こう思えるようになりました。
 
 
以前は、私には何の価値もないと思って、
「あの人はすごいなー」と思って人と比べて
落ち込んでばかりいましたが、
すごい人はみんな、積み重ねてきたことがあります。

そして、何も価値がないと思っていた私自身にも、
積み重ねてきたことがあった!ということに、
合宿に参加して気付けました。

それを見つけてあげるのも、認めてあげるのも、
伸ばしていくのも、意味を見出すのも、自分自身なのです。

人と比べてばかりで、落ち込んで「私なんて…」
と思う割に何も行動しないことを選ぶのも、
「よし、私も一歩ずつ進もう」
と決めて行動することを選ぶのも、自分自身。
  
 
すべては自分次第。
自分で決めて、自分で選べばいいんだ。
 
 
毎日お題に取り組んでいるうちに、
徐々にこのことに気付き始め、
そして色んな怖れを手放せるようになってきて、
行動ができるようになってきました。

行動できるようになってくると、
詰まっていたものが突然取れて、
一気に色々なことが流れ始めました。
 
 
 
そもそも、私の人生の色んなことが詰まり出したのは、
6年ぐらい前に、大きな失敗をしてからでした。

そこから色々な迷い(自分がやりたいと思っている事は、
本当に自分が人生でやるべきことなのか?この道は正解なのか?など)や、
怖れ(人の評価が怖い、人に会うのが怖い、
自分には何の価値もないのではないか、など)があり、生きづらくなっていました。
 

また、やりたい仕事に就けているわけでもなく、
かといって何がやりたいかも明確になっておらず、
やりたいことをやれている人を羨んでは、落ち込むばかり。
 

落ち込むを通り越して、夜寝る前に
突然「自分は何の価値もない」と思い始めて、
「価値のない自分に、この先どれだけ惨めな人生が
待ち受けているのだろう」と恐怖すら感じることが頻繁にありました。

 
どうやら原因は自己評価が低いことに
ありそうだとうすうす思ってはいましたが、
セミナーに参加したり、ワークをやったり色々やっても、
改善に向かっているように思えませんでした。

一体どうすれば根本解決ができるのかが
サッパリ分からず、悩んでいました。
 
 
そうこうしているうちに、今年の6月に、
たまたま行ったある方の講演会の懇親会で、
今にも帰ろうとしていた時に
たまたま声をかけて下さって知り合った方がいて、
その方がたまたま「日本一のランチ会」に招待して下さり、
そこで横川さんに出会いました。

そのランチ会で「文字化合宿」を知るに至ります。
 
合宿の詳細は、
ランチ会の後で横川さんが送って下さったpdfで知りました。
 

「これは!自分と向き合う手段としては、今までにないやり方だ。

自分で自分を認めてあげたいと思いながら
今までやってきたことが効果ナシだったから、
こういう、今までとは違うことをやらないと。

この合宿は徹底的にやれそうだし、取り組むことで、
自分を認めてあげることができ、
本当にやりたいことが見えてくるかも」

と思い、参加を決めたのです。
  
 
また、6月の日本一のランチ会の時に、
合宿の先輩数名とお話する機会があり、
みなさんとても素敵な方々で、
楽しそうな人生を送っておられるので、

「この方たちがやったことを
私もマネしてみたら面白いかも。マネだけなら簡単だし」
と思ったことも、参加のきっかけになりました。
 
 
未来を変えたいのであれば、
過去をなかったことにするのではなく、
文字化してみて、そしてそれを自分で認めてあげる。

未来を変えたいのであれば、今の自分を作ってきた
過去の自分がしない選択を、積極的にする。

アタマでは分かっていても、
それをする環境は普段ないものですが、
この合宿での毎日のお題こそが、
その環境なのです。
 
 
文字化合宿に参加していなかった場合の人生を想像して、
「ああ、本当に参加してよかった!」と心底思うことがあります。

もし参加していなかったら、私はあのままどうなっていたのだろう?
と恐怖すら覚えるぐらい、この合宿は私の人生の一大転機となりました。
 
この歳になってようやく気付くことができました。
 
それは・・・手が届かないでっかいことにフォーカスばかりして
結局何もしないのではなく、何事もまず目の前にある
自分ができることに取り組むしかない!

「しかない」というのは諦めではなく
本当にそうすることのみで先の道が開けていくということです。
 
「人生の主導権を取り戻す」ための重要な3ヶ月間でした。

 
こう書いて下さった彼女が挑戦しているのは、
イランの実態を知ってもらうこと。
 
彼女はこう言います。
 

この世界にはアメリカとヨーロッパと
東・東南アジアしか存在していないかのような風潮に、新しい文脈を置きたい。

ニューヨークのおしゃれなカフェ・・・パリのカフェ散歩・・・があるのに、
どうして「テヘランのすてきなカフェ」がないの?


 
「世界は広い!」と感じられるような…ひいては、人間の可能性や、
「世界にはまだまだ面白いことがあるかも」
「人生捨てたもんじゃないかも」
と感じてもらえるようなことを、驚きと美しさをもって伝えたい。
  
そして、いかにメディアに色眼鏡を
かけさせられているかに気づいてもらいたい。
 
 
他人が作ったメガネは外してしまった方が、面白い世界が見えます!
 
さらに、平和の尊さを伝えたい。
 
カフェで友達とおしゃべりをする…ギャラリーでアートを楽しむ…
こうした日常の営みを壊す権利は、誰にもないはずです。
  
イランという国やイランの人たちに対しては、
色んなイメージがあると思います。

さまざまな規制や不条理もありますが、イランの人たちは、そんな中でも、
日常をセンスよく、大切な人たちと過ごすことができる、人生の達人です。
 
日常を大切に楽しむことこそ、
平和を尊重する意志を示すことになのではないでしょうか。
 
また、訪れた全てのカフェで、店員さんも、
お客さんまでもが私を歓迎してくれて、
いろんな話をしてくれました。

イランの人たちは、人をもてなすこと、
思いやりを躊躇なく行動に移すことにおける天才です。

そんなすてきな空気感も伝えられたらと思っています。

 
・人と会うのが怖い
・人の反応が怖い
・人に評価されるのが怖い
・つまらない人間と思われるのが怖い
・何かをやるからには一番でないといけない
・一番になれないのなら、やる意味がない。
始める意味もない。続ける意味もない
・失敗するのが怖い
 
こう思っていた彼女が、未知の世界である
イランのことを伝えていこうとしています。
 
どう反応されるのかがわからないけれども、
自分が見たものを伝えていきたい。
 
人の目を氣にしていたら、
絶対にできることではありません。
  
 
もし、やりたいことはあるのに、
人の目を氣にしてしまう…。
 
そんな自分を変えたいと少しでも
思うのであれば、ぜひ文字化合宿に
取り組んでみてください。
  
 
彼女だけでなく、
たくさんの方々が自分の理想の人生を歩み始めています。

今回は以上になります。
  
 
この文章を読んでくださった
あなたの心が明るく、軽く、温かく、
幸せになれますことを心からお祈りして、
この文章を締めさせていただきます。
 

今日も長文をお読みいただき、
本当にありがとうございました。
 
 

■心が整う【ことばの朝食】■
体の一日分のエネルギー補給は食事から。
心の一日分のエネルギー補給はこのメルマガでどうぞ。
登録3日後に受け取れる【成果を出す人出せない人の違い】の教材が大好評です。

ご登録はこちらから

The following two tabs change content below.

横川 裕之

人も仕事もお金も引き寄せる「すごい自己紹介」著者。 2016年3月23日の発売日にAmazonのビジネス交渉・心理学部門で1位。 以来、Amazonでは在庫切れが続く。 自分自身の経験を元に開発した通信講座【文字化力強化合宿】において、60代の会社経営者、30代の学校の先生・刑事、20代の専業主婦など、業種年齢問わずに、受講者の人生に革命を起こす。 キーワードは「思考の文字化で人生は100%変わる」。

↑
Facebookでシェア
Twitterでシェア
はてなブックマークに追加