知っていたはずの自分が、文字化することで違うところが出てきたんです

2018.01.20 by 横川 裕之

◎知っていたはずの自分が、文字化することで違うところが出てきたんです
 
いつもお読みいただき、ありがとうございます。
横川です。
 
成果を出されている方々が使わない言葉に

「考えます」 
 
という言葉があります。
 
 
何か決断を求められたときには、
即座に決断することを心掛けられています。
 
 
まったくメリットがないものは即座に断り、
少しでもメリットがあるものは即座に受け入れる。
 
  
迷うことに時間とエネルギーを消費することが
もったいないと思っていらっしゃいますし、
どんな経験も自分の糧になるし、
自分を成長させるということが
体感覚でわかっているんです。
  
 
そんな「考えます」を連発していた
20代の男性。
 
連発していたことによって、
どんな暗示を自分にかけていたのか。
 
そして、そんな自分をどう変えていったのか?? 
 
 
ご本人が書かれた文章をお読み下さい。
 
  

考えます。とずっと言ってきました。

何か決断を迫られると、
「考えます。」といって決断を遅らせてきました。

挙句の果てに、決断せず、
タイムアウトまたは忘れてしまうということばかりでした。

考えるのではなく、悩んでいたんです。

自分の今の状況では答えがでないのが
悩みだと聴いたことがあります。

そして、悩むのが嫌だから、忘れるまで時間を稼ぐんです。

自分で何かを決めるのが怖いんです。

しかし、怖いという感情を素直に受け止められず、
やらない言い訳、出来ない理由ばかりを探していました。

自分の中で、「考えます。」と言って、行動に移った記憶がありません。

心の深いところでは、行動したほうが
良いことを分かっているのに、行動しないんです。

なぜか、行動しない理由ばかり探していました。

そりゃ、言い訳ばかりしていたら、言い訳が上手になりますよね。

気づけば、もっともらしい言い訳をパッと言えるようになっていました。

他の人に「それならしょうがないね。」と言われると
ホッとする自分と、また言い訳したとつぶやく自分がいました。

誰がなんと言おうと、自分の言葉、思考は自分が一番聴いています。

言い訳して動かない自分を変えようとあがいてみても、
すぐいつもの「しょうがないよね」って言葉に耳を傾け、元の自分へ。

変わりたくて、新たなセミナーに参加しては元通り。
自分は成長出来ないのだろうか、
変われないのだろうか、また悩みます。

まさに負のスパイラルですね。

「自信を持ちなさい。」とよく言われますが、自信ってなんでしょうね?
僕にはさっぱり分かりませんでした。

それでも、変わりたい自分を諦めきれず、母が読書が好きなことを思い出し、
何か良い本がないかと聴くと、1冊の本を紹介してくれました。

その本がまさに、「すごい自己紹介」という本でした。

読んでみて、自己紹介の大切さが分かりました。

読んで満足していると、
母から自己紹介を作ってみてと言われ、作ってみました。

すると、横川さんに添削してもらうからLINEで送ってと言われました。

横川さんって誰?と僕が聴くと、
「すごい自己紹介」を書いた人だというのです。

母が文字化合宿をしていたのは知っていたが、
その先生とまさか同一人物だとは思いもしませんでした。

そんな先生に添削してもらうなんて、
急に緊張してしまったのを覚えています。

自己紹介の添削も、曖昧なところや
具体的でないところをサクッとご指摘いただいて、
すばらしい自己紹介が出来ました。
 
 
文字化合宿の話も聴いていたので、
紹介PDFを読んでみると、
まさに僕に向かって書かれたように感じるほど、入ってきました。

合宿を終えて進化した人々の声がすごく羨ましかったですね。

そこで横川さんの下で勉強したら変われるかもと感じたんです。

これは、もうやるしかないです。

変わるタイミングが完全に来ました。
90日やりきってやるぞと意気込んでスタートしました。

もちろん続けられるか、不安もありましたが
一緒に取り組む仲間がいることが、何よりの救いでした。

初めて1週間で早速、モチベーションが下がってきました。

投稿できない理由を考え始めている自分がいました。

みんなきっと、自分より時間の無い中投稿している。

頑張っているのは自分だけではないということが、
モチベーションを保ってくれていました。

横川さんや、仲間からコメントをもらえると嬉しく、
そして学びになりました。

自分自身を見つめるお題も多くあり、
文字化が進まないこともありましたが、
こんなに自分について書くことは今まで無かったです。

書いて初めて確認できる自分の思考。

知っていたはずの自分が、
文字化することで違うところが出てきたんです。

今まで以上に、深く自分を知ることが出来ました。

子どもっぽくて、純粋な頃の自分にまた戻れた気持ちになりました。

合宿が進むにつれて、より深いお題になっていきましたが、
めんどうくさいという気持ちはいつからか消え、
楽しむようになっていました。

自分で、自分をコントロールしやすくなったことが気持ちの余裕を作りました。

自分が何をしたいのか、自分の声を素直に聞き入れ愚直に行動。
そうすれば、理想の自分へ近づける。

このことに気づいてから、毎日が見違えるほど楽しくなりました。
これからの人生もっともっと楽しんでいきます。
 
 
僕と同じように、何かしら環境や人のせいにして
何も行動できない方はたくさんいると思います。

本当に変わりたいのに、変われない方、
やるならもちろん今です。

口で言っていても、動かなければ結果は出ません。
言って満足しているならば、それはそれでいいと思います。

ただ一度しかない人生を目一杯楽しみたい方。

誰でも出来るはずなのに、
自分には出来ないと理由を考えている方。

是非とも文字化合宿に参加してみて下さい。

そして、合宿が終わったら一緒に夢を語りましょう。

お会いできることを楽しみに待っています。

 
…いかがだったでしょうか?? 
 
 
言い訳上手になっていた自分を変える!!
 
と、決意しても、脳はその言い訳上手になっていた
自分に慣れているので、必死に元に戻そうとしてきます。
 
モチベーションの低下、というのは、
その典型例です。
 
 
人は変わる直前になると、
やっていることがバカバカしくなるものです。
 
それは今の自分が新しい自分に
変わってしまうことを防ぐために、
無意識に発生する症状です。
 
 
だからこそ、その症状にさえ氣付けば、
あとはその症状に負けないように意識して
行動していくだけで、変化していきます。
 
 
スポーツでも勉強でも、
ラクして成果を出せるなんていうことは、
もともとの素質や才能がある人は別として、
普通の人はなかなかありません。
  
 
自分を変えるんだ!と決めて、
行動できる人だけが、
自分を変えていくことができるのです。

今回は以上になります。 

以下は自分の価値役割を確信したい、という方々が集まる
日本一のランチ会&ワークショップの予定になります。
 
自己紹介発表直後に、その場で
添削もさせていただきます。
 
他の参加者の添削を聴くことが、
実は自己紹介を作るための
いちばんのヒントになります。

◎1月25日(木)@大阪 詳細はこちらをクリック
 
◎2月2日(金)@宮崎 詳細はこちらをクリック
 
また1泊2日で自分の頭の中をすべて
紙に書き出す【ブレインダンプ合宿】も開催します。
 
自分の脳がどんなことに向いているのかも
一目瞭然になる【利き脳検査】と
その検査をどう活かしたらいいのか、
ワークを通じて学ぶ経験もします。
 
◎2月3日(土)〜4日(日)@宮崎 詳細はこちらです。

    
この文章を読んでくださった
あなたの心が明るく、軽く、温かく、
幸せになれますことを心からお祈りして、
この文章を締めさせていただきます。
 

今日も長文をお読みいただき、
本当にありがとうございました。
 
 

■心が整う【ことばの朝食】■
体の一日分のエネルギー補給は食事から。
心の一日分のエネルギー補給はこのメルマガでどうぞ。
登録3日後に受け取れる【成果を出す人出せない人の違い】の教材が大好評です。

ご登録はこちらから

The following two tabs change content below.

横川 裕之

人も仕事もお金も引き寄せる「すごい自己紹介」著者。 2016年3月23日の発売日にAmazonのビジネス交渉・心理学部門で1位。 以来、Amazonでは在庫切れが続く。 自分自身の経験を元に開発した通信講座【文字化力強化合宿】において、60代の会社経営者、30代の学校の先生・刑事、20代の専業主婦など、業種年齢問わずに、受講者の人生に革命を起こす。 キーワードは「思考の文字化で人生は100%変わる」。

↑
Facebookでシェア
Twitterでシェア
はてなブックマークに追加