自己を肯定する

2017.03.30 by 金子文

横川 筆文字メッセージ

 

他の人と一緒にされたくないんだ!!

 …って、言う人に限って、

 他の人と一緒じゃなきゃ

 不安だったりします。

 

仮に自分の個性が見つかったとして、

 その個性を認めるということは、

 他の人と違うことを認めねばいけません。

 

これまで他の人と一緒じゃなきゃ

 不安だった人が、他の人と違うことを

 認めるというのは、人生を変えるほどの

 大きな決断でもあります。

 

個性だったり、

 自分の強みを見つけてあげることを

 お仕事にされている方は、

 まずはその不安を払拭させることが

 できていないといけません。

 

確かに見つけた瞬間、

 クライアントさんは満足します。

でも、その不安を払拭できていない

 クライアントはせっかく見つけたものを

 日常で活かしてくれることはないのです。

 

自分は他の人と違っていていいんだ、

 という自己肯定の土台がなければ、

 強み個性などの建物はすぐに崩れるのです。

(追伸)

 

他の人と違っていいという許可を

 得るためには、他の人と違うことを

 やっている人たちと積極的に触れることです。

思考の文字化で人生は100%変わる

「文字化力強化合宿」13期募集中

詳細はこちら

文字化力強化合宿

 

横川 裕之
「心が整うことばの朝食」
メルマガ登録はこちら

メルマガの登録はこちら

 

筆文字感想

個性だったり、
自分の強みを見つけてあげること

お仕事にされている方は、

 

まずはその不安を
払拭させることが

 

できていないといけません

 

他の人と違うということを
認めるというのは

人生を変えるほどの決断・・

なんですね。

 

私は、どうなんでしょう?

とふと考えてしまいました。

私はそんな大きな決断を
した覚えはないけど、

 

(忘れているだけかな)

 

うん、気がつかないうちに
決断したんでしょうね。

 

たぶん3年半前くらいに(笑)

 

その頃から、
毎日思考を文字化するという

 

他の人がやらないことを

主催している方と
触れる機会があるので、

 

きっとその主催者の方が

私の

「他人と違うことを
受け入れる」

不安を払拭して
下さったんでしょうね。

 

ありがたや、ありがたや。

 

マーケティングの
勉強をしているので

いかに、人と違うことを
するか、

 

ということばかり考えています。

 

集団行動や人に合わせるのが
苦手な人は

経営者に向いている
そうです。

 

「学生時代のあだ名は山川。

みんなが山と言うと
川って言って。

僕、昔から
あまのじゃくなんです」

ユニクロの創業者
柳井 正さんの言葉です。

 

(ランチェスター戦略

竹田 陽一先生の語録より)

 

経営者として成功したいなら、

みんなが右に行くといえば
左に行く

 

変人、大いに結構、

あまのじゃく万歳

なのです。

 

私は

十把一絡げにされて
大安売りにされるのは

まっぴらごめんです。

万人には受けなくて
いいので、

 

本当にわかりあえる仲間と
自分の道を歩いていきたいです。

 

詩人の金子みすゞさんも言っています。

みんな違ってみんないい

 

 

自分の信じた道を
突き進みたい方、

 

他人と違うことをやっている人と
交流したい方、

このPDFを読んでみてくださいね。

http://pmlifect.com/chigai2.pdf

 

The following two tabs change content below.
金子文

金子文

「文字化力強化合宿」を受講して人生が変わりました!自信がなかった私が今では「広島に学びの場を作る!」をモットーに全国で活躍している講師を広島にお招きして講演会を主催しています。参加者の方から「広島に居ながらにしてビジネスの最前線の情報が受け取れる」と喜んで頂いています。講演会を主催して養った集客ノウハウで集客支援も展開中。 金子のブログはこちらhttp://aya1.info

↑
Facebookでシェア
Twitterでシェア
はてなブックマークに追加