自分を変える挑戦

2017.03.31 by 金子文

横川 筆文字メッセージ

自分の人生の最高責任者は、

 他ならぬ自分自身です。

 

 

他人に背中を押してもらいたい、

 そういう気持ちもわかりますが、
それはうまくいかなかったとき、


他人のせいにできてしまうという
退路を作ることになります。

 

どんな決断を下したとしても、
たとえそれが
うまくいかなかったとしても、

 

将来的には、
「あのうまくいかなかった
経験があったから…」

と、言える日が必ずやってきます。

 

決断を下すということは、
他の選択肢を
すべて捨てるということです。

 

他の選択肢をすべて捨てるのは、
怖いことです。

 

でも、怖いことだからこそ、
自分を変える挑戦にもなっていくのです。

 

(追伸)

 

私なんかが参加していいの…
と、思われていた方が、ここに参加してから
まったく違った考え方に触れて、
人生を好転させていっています。

 

その姿を見させていただけるのが、
12期続けられている理由です。

 

思考の文字化で人生は100%変わる

「文字化力強化合宿」13期募集中

詳細はこちら

文字化力強化合宿

 

横川 裕之
「心が整うことばの朝食」
メルマガ登録はこちら

メルマガの登録はこちら

筆文字メッセージ感想

”人生は選択の連続”と
言われます。

 

確かに私たちは
毎日何かしら選択して
います。

 

何を食べるか、
何を着るのか

 

という小さなことから、

 

行くのか行かないのか、

するのかしないのか、

Aを選ぶのかBを選ぶのか

 

というその後の人生に
かかわる大きな決断も
あります。

 

「親がこの大学に行けと
言ったから

この大学に進学したのに、
うまくいかない」

 

と言っている人がいると
します。

 

その人は自分で決めないで、
親の意見に従ったように
思えます。

 

だけど、

 

親の意見に従う

 

という選択をしたのは
やっぱり”自分”なのです。

 

自分で、

決めたからには、

うまくいかないことを
他人のせいにして

 

愚痴を言ったりしないで、

 

今の状況で何ができるか、

自分ができること
を考えて行動します。

 

自分が行動することでしか
状況を変えることは
できません。

 

決断とは

”決めて断つこと”

 

たくさんの可能性があっても
選ぶことができるのは

 

一つだけ。

 

そして、その一つを選んで
進み始めたら、

 

ちょっとうまくいかないから
といって、

 

「やっぱあっちの方がよかったかな」

 

なんて断った方のことを
くよくよ思うのは

 

時間のムダなんだろうなぁ
と思います。

 

うまくいかなかったとしても
経験したことは自分の

糧になります。

 

失敗より怖いのは
何も行動しないこと。

 

決断するのは勇気が必要かも
しれませんが、

 

うまくいかなかったら、
途中で軌道修正すれば

いいので、

 

とにかく始めてみると
いいですね!

 

明日から新年度。

 

新しい環境になる人も
多いでしょうね。

 

もし、自分の選んだ道に
不安があるなら、

このPDFを読んでみて
くださいね。

 

http://pmlifect.com/mojika.pdf

The following two tabs change content below.
金子文

金子文

「文字化力強化合宿」を受講して人生が変わりました!自信がなかった私が今では「広島に学びの場を作る!」をモットーに全国で活躍している講師を広島にお招きして講演会を主催しています。参加者の方から「広島に居ながらにしてビジネスの最前線の情報が受け取れる」と喜んで頂いています。講演会を主催して養った集客ノウハウで集客支援も展開中。 金子のブログはこちらhttp://aya1.info

↑
Facebookでシェア
Twitterでシェア
はてなブックマークに追加