相手の心に刺さるのは言葉ではありません

2018.01.07 by 横川 裕之

◎相手の心に刺さるのは言葉ではありません

いつもお読みいただき、ありがとうございます。
横川です。
 
自己紹介の添削をしていて、
自分の商品・サービスの価値や
その価値を受け取った後の
未来をきちんと表現しているのに、
イマイチ刺さってこない自己紹介があります。
 
ランチ会などで直接聴くときもそうですし、
テキストで書かれた自己紹介を読んでも
同じように感じます。
 
なぜ、価値も未来もきちんと表現しているのに、
聞き手に刺さらないのでしょうか??
 
今回はその理由をお伝えします。
 
 

聞き手が受け取るのは、言葉ではない

 
実は、言葉そのものには意味がありません。
 
聞き手が受け取るのは、言葉ではなく、
その言葉に乗った【想い】なのです。
 
たとえば、「ありがとう」という言葉を
二つの状況で言ってもらったとします。
 
ひとりは、ふてくされた感じで言う「ありがとう」。

もうひとりは、心から感謝の氣持ちを伝えたいという
想いが乗った「ありがとう」。
 

 
(注:写真はイメージです)

同じ「ありがとう」という言葉でも、
上の表情で言われても、
 
「ホントにそう思ってんの??」
 
って、言いたくなりますよね。
 
 
人が受け取るのは、言葉そのものではなくて、
その言葉に乗っている【想い】になります。

注意して欲しいのは、
【思い】ではなく、【想い】ということです。

あえて、【想い】という漢字を使っているのには
意味があります。
 
【想】という漢字は、【相】手の【心】と書きます。
  
相手の心を考えている一方で、
【思】は、自分ひとりで完結します。
 
相手のことはほどほどに、
自分のことを考えてしまっているのです。
 
 
それが言葉に乗ってしまうので、

「いい事言っているんだけど、なんかなぁ…」
と、なってしまいます。
 
一方で、想いが乗っている自己紹介は、
相手の未来に貢献したいという想いが伝わります。
 
じゃあ、その想いはその場だけで乗せることが
できるのかというと、そうではありません。
  
 
自己紹介を作っている過程で
その自己紹介の言葉に【想い】が宿っていきます。
  
作っている過程で想いが宿るからこそ、
実際に口に出して伝えた際に、
その想いが相手に伝わっていくのです。
 
言葉が伝わるのではなく、
想いが伝わる。
 
ぜひ、これを意識しながら、
自己紹介の言葉を作ってみてください。
 
今回は以上になります。
 
以下は開催が決まっている
日本一のランチ会&ワークショップの予定になります。
 
自己紹介発表直後に、その場で
添削もさせていただきます。
 
他の参加者の添削を聴くことが、
実はいちばんのヒントになります。

◎1月25日(木)@大阪 詳細はこちらをクリック
 
◎2月2日(金)@宮崎 詳細はこちらをクリック
 
また1泊2日で自分の頭の中をすべて
紙に書き出す【ブレインダンプ合宿】も開催します。
 
自分の脳がどんなことに向いているのかも
一目瞭然になる【利き脳検査】と
その検査をどう活かしたらいいのか、
ワークを通じて学ぶ経験もします。
 
◎2月3日(土)〜4日(日)@宮崎 詳細はこちらです。
 
今回は以上になります。
  
 
この文章を読んでくださった
あなたの心が明るく、軽く、温かく、
幸せになれますことを心からお祈りして、
この文章を締めさせていただきます。
 

今日も長文をお読みいただき、
本当にありがとうございました。
 
 

■心が整う【ことばの朝食】■
体の一日分のエネルギー補給は食事から。
心の一日分のエネルギー補給はこのメルマガでどうぞ。
登録3日後に受け取れる【成果を出す人出せない人の違い】の教材が大好評です。

ご登録はこちらから

The following two tabs change content below.

横川 裕之

人も仕事もお金も引き寄せる「すごい自己紹介」著者。 2016年3月23日の発売日にAmazonのビジネス交渉・心理学部門で1位。 以来、Amazonでは在庫切れが続く。 自分自身の経験を元に開発した通信講座【文字化力強化合宿】において、60代の会社経営者、30代の学校の先生・刑事、20代の専業主婦など、業種年齢問わずに、受講者の人生に革命を起こす。 キーワードは「思考の文字化で人生は100%変わる」。

↑
Facebookでシェア
Twitterでシェア
はてなブックマークに追加