これぞまさに天の采配

2017.12.26 by 横川 裕之

◎これぞまさに天の采配
 
いつもお読みいただき、ありがとうございます。
横川です。
 
昨日のサンタさんからのクリスマスプレゼントですが
聴いていただいた方々から
たくさんのお礼をいただいています。
 

音声聴かせてもらいました。
特に、自由とわがままの定義の違い、
おいしく食べると美味しいものを食べるの違いは
とても分かりやすかったです。
 
私は、時間、お金、人、健康の4つの軸が
全て満足いくものになるよう人生を楽しみます。
 
もちろん、満足は自分の価値の中で満足できるものとして。

 
すべて満足いくものになるよう
 
と、書かれていますから、
いまの時点では満足していないわけです。

とすると、行動すればするほど、この
「いまの時点では満足していない」
という思考の癖を強化することになります。
 
4つの軸が揃っていない、
と、書かれているので、これは
つまり、外側に足りないものを
求めている思考になっています。
 
 
いざ4つの軸を手に入れたとしても、
まだ足りない部分を見つけて、
ずっとそれを探し求めていくことになります。
 
まぁ、飽くなき欲求が行動の原動力とはなりますが、
まわりから満たされているようにみえても、
実際、自分の内側は満たされていないので、
どこか空虚感を感じるようになります。
  

だから、まずはいまに満足すること、
そして、さらに良くするために
4つの軸で何ができるのかを考える思考が
自分を満たしていき、満たし溢れた分で、
他人を満たすことができるようになるのです。
 
あと、自分の思考があるものの
影響を大きく受けていたことに
ビックリされたご感想も多かったです。
 

もし、まだのようでしたら、ぜひ聴いてみてください。
 
さて、本題に入ります。

成功している人というのは、
その成功に至るまでに
たくさんの失敗を経験しています。
 
成功している人ほど、
その失敗の経験は多いです。
 
 
逆に言うと、失敗を経験せずに、
成功することはあり得ないということです。
 
 
そんな成功する彼らは口を揃えてこう言います。
 
「その失敗やうまくいかない期間は、
神様が自分にはもっと学びが必要だよ、
と、教えてくれるために与えてくれたもの。
 
まさに【天の采配】だよ」

 
自分が成功するために必要だからこそ、
天が与えてくれたものだって、
その出来事に感謝しているのです。
  

 
失敗やうまくいかない期間は、
行動している人にしか与えられない
特権でもあります。

そのうまくいかない期間を抜け出したら、
次は、その期間を抜けだしたことが、
自分の強みとなります。
 
なんで自分はうまくいかないんだろう…。
 
そうやって、頭の中でグルグル考えていても、
いつまで経っても状況は変わりません。
 
むしろ、自分自身を否定する分、
状況を悪化させていることになります。
 
うまくいかないんだろう…って、
考える時間があるなら、
 
どうやったらうまくいくだろう…って、
自分に質問を投げかけて、そこで出てきた
行動案に全力で取り組んだらいいのです。
 
そこから、必ず道は開けてきます。
 
今回は以上になります。
  
 
この文章を読んでくださった
あなたの心が明るく、軽く、温かく、
幸せになれますことを心からお祈りして、
この文章を締めさせていただきます。
 

今日も長文をお読みいただき、
本当にありがとうございました。
 
 

■心が整う【ことばの朝食】■
体の一日分のエネルギー補給は食事から。
心の一日分のエネルギー補給はこのメルマガでどうぞ。
登録3日後に受け取れる【成果を出す人出せない人の違い】の教材が大好評です。

ご登録はこちらから

The following two tabs change content below.

横川 裕之

人も仕事もお金も引き寄せる「すごい自己紹介」著者。 2016年3月23日の発売日にAmazonのビジネス交渉・心理学部門で1位。 以来、Amazonでは在庫切れが続く。 自分自身の経験を元に開発した通信講座【文字化力強化合宿】において、60代の会社経営者、30代の学校の先生・刑事、20代の専業主婦など、業種年齢問わずに、受講者の人生に革命を起こす。 キーワードは「思考の文字化で人生は100%変わる」。

↑
Facebookでシェア
Twitterでシェア
はてなブックマークに追加