人生が変わる1%の時間の使い方

2017.12.14 by 横川 裕之

◎人生が変わる1%の時間の使い方

ご訪問ありがとうございます。
 
昨日のFNS歌謡祭で、
モー娘。初期メンバーの再集結の場面で
画面の前に釘付けになった横川です。
 
こういうのも自己紹介のひとつです。
 
こうやって書くと、
モー娘。ネタで共に語れる人を
引き寄せることになります。
 
(ホントは森高お姉さんにも釘付けだったんですが、
 2つ出すとボヤけるので、モー娘。だけにしました)

モー娘。はちょうどボクの10代後半〜
20代前半がピークでしたので、
彼女たちを見ていると、その当時を
否応なしに思い出しますね。
       
  
…と、前題はともかくとして。
   
今回は自己紹介を
日常生活の中で作成することの重要性や
人生を変える時間の使い方を
お伝えいたします。
   

日常生活の中で作成する重要性

  
ランチ会やワークショップ、講演会に
ご参加下さった方々、そして
拙著をご購入いただいた方には
作成した自己紹介に添削をさせていただいています。
 
まぁ、ちゃんと誰に伝えたいのか、
必要な項目が満たされていない方については、
ツッコミの質問をお返しすることになりますが。
  
 
一時期は添削依頼がいっぱい来ていたのですが、
ここ1週間は1日に1件あるかどうか…。
  
  
師走の忙しい時期なので、
緊急対応が一杯あると思いますし、
そもそもまだ開いてもいない、
という状態かもしれません。
  
 
あと、

お正月休みにやろうかな…
 
と、もしかしたら考えられているのかもしれません。
  
  
でも、お正月休みなど、
まとまった時間が取れるときというのは、
【非日常環境】です。
   
 
その非日常環境で作成された自己紹介は、
不思議と非日常環境の空気が宿り、
緊迫感がないものになるので、
正直、あまり伝わるものにはならないです。
  

1日の1%を作成時間に充てる

 
そこで、ボクがオススメしているのは、
日常生活の中で、まず15分の時間を
確保することです。
 
15分というのは1日の約1%です。
 
その1%の時間を20日間積み重ねれば、
5時間分の時間が取れることになります。
  

また、15分と決めることによって、
脳に圧がかかるので、神がかり的に
必要な言葉がやってくることも多いです。
 
まだ着手できていない、という場合は、
ぜひ、この15分を確保する、というところから
やってみてください。
 
 
1日の1%を変えたら、人生は100%変わります。
これは断言します。
 
ボク自身がそうでしたし、
成長に関わらせていただいた全員に
前向きな変化が起こっていますからね。
  

ボク自身もワークに取り組み、役割を再定義しました

   
さて、ボク自身も改めて
自分でワークをやってみて、
いまの自分の役割を再定義しました。
 
 
1.ひとりひとりが自己紹介を創るプロセスを通して、
  その人しか持っていない才能や役割に氣づき、
  ご自身の存在価値をご自身で認められ、
  ご自身を愛し、信頼できる人を増やす。

  
2.親や学校や会社での教育を受けていく中で、
  閉じ込められてしまった、
  本来人間が持っている能力や可能性を
  言葉を使って引き出す。

1.については拙著の提供だったり、
文字化合宿で行わせていただき、
2.については、セミナーやワークショップ、
講演会で体感ワークをしていただいています。
 
そして、

3.上記2つを通じて、関わる方々の
 【人生の変化・人生の革命】をサポートしていく。

  
これが、いま現在ボクに与えられた役割だと定義しました。
   
 

ひとりひとりには必ずその人にしかない役割がある

  
どうせ自分なんて…
どうせ自分の代わりなんてたくさんいるんだから…
 
って、昔のボク自身も言っていましたが、
そんなことはないんです。
 
自然に無駄なものがないように、
自然の一部である我々人間にも
無駄な存在なんてひとりもいません。
 
ということは、あなたには
あなたにしかできない
価値役割があるからこそ、
こうやってこの世の中に存在しているのです。
 
 
ひとりひとりが自分の価値役割に氣づき、
その価値役割を通して、
世の中に貢献している人生を送っている。
  
 
その価値役割を通して提供できる未来を
人に理解してもらうために【自己紹介】が
絶対必要になってきます。 
 

自己紹介を作ったことで人生が好転した事例

   
その自己紹介を作るための拙著ですが、
中にあるワークをやりながら、
自己紹介を作っていただいた過程で
その価値役割に氣づかれた
たくさんの方が人生を好転させています。
 
 
たとえば、
 
ひとり治療家の整体師さんは、
1年前、月の売上が100万円を
超えることがなかったのが、
ここ3ヶ月は余裕で100万円超えを達成し、
お客様からもたくさんの声やご紹介をいただいています。
 
 
ある一部上場企業の幹部社員は、
セルフイメージを書き換えたことで、
それまで自分の部下との対話が
ほとんどなかったのを変更。
 
積極的に部下にあいさつから話しかけるようにして、
だんだんと部下との対話が増え、そのうちに、
部下のほうから積極的に企画を提案し、
仕事にやり甲斐を持って働いてくれるように
部下に変化が起こったそうです。
 
それまで会社に行くのが苦痛で苦痛で仕方なかったのが、
毎日、会社に行くのが楽しみで仕方ない状態に。
  
  
ある高校の先生は、
受け持ちの生徒が次々と成績を伸ばしていく
その関わり方が評判を呼び、
自分の受け持ちの生徒以外からも
積極的に相談を受けるようになり、
その生徒たちの成績を伸ばされています。 
 
 
ある病院で働いている人は、
自分の職場が嫌で嫌でたまらなかったのに、
本に書かれているワークで、
 
「いまの仕事こそが自分の天職なんだ!」
 
と、確信されて、職場で嫌なことが起こったとしても、
それも自分を成長させるために必要なことだと捉えて、
学びに変えています。
    
 
他にもたくさん変化の事例をいただいています。
 
   
あの本に書いてあるワークを
そのまま実践していただいたら、
自分の才能や役割に氣づき、
自己紹介も確実に作れます。
 
そして、人生に革命が起こった!!
と、言っていただけるほど
それまでの人生から好転されています。
 

自己紹介は他人に作ってもらってはいけない

  
しかし、

・本には書いてあるとおりにやっているつもりだけど、
 自分の実践が合っているかどうかわからない…

・自分に当てはめてみるけど、
 いまいち、ピン!と来ない…
 
そんな人もいると思います。
 
また、

・作ろうと思っているんだけど、
 日々の忙しさで一杯一杯で、
 時間とエネルギーが切れてしまって、
 結局作っていない…
 
という人もいるかもしれません。
  
 
その手の専門家にお願いすれば、
人を惹きつける言葉を用いての
自己紹介を作ってくれることでしょう。
 
でも、そんな自己紹介は
何も意味がありません。
 
人を惹きつけられるのかもしれませんが、
すぐに化けの皮が剥がれます。
 
 
できあがった自己紹介そのもの以上に、
作る過程が大事になります。
 

自己紹介を作る過程で得られるもの

 
作っていく過程で、

・自分が大事にしている価値観がわかり、
・自分が持っている才能に氣づき、
・自分がこれまで経験してきたことの意味がわかり、
・自分がこれから進んでいきたい方向がわかり、
・自分が天から与えられた役割がわかり、
・なりたい理想の自分(セルフイメージ)が定義され、
・自分が実現させたい未来を定義する
 
などを自然と定義するようになり、
これらを根拠に自己紹介をするので、
その話し方は堂々と自信の持ったものとなり、
その自己紹介が聴き手に響くのです。
 
 
誰かに作ってもらう自己紹介は、
当然、自分で自分のことを
深く掘り下げていないので、
浅いものとなります。 
  
 
「いいこと言っているのに、なんか薄っぺらい…」
 
そんな人に出会ったことはないでしょうか??
 
それはその人が誰かに作ってもらった、
他人の言葉で作られた
自己紹介を語っているからです。
 
 
本来、自分でやるべきところを
人任せにしてしまっているので、
人生に変化なんて起こるはずもありません。
 
 
先に挙げた方々はみんな
自分を掘り下げることに
時間とエネルギーをかけたからこそ、
自然と変化が起こったのです。 
 
 

言われることはわかるけど、時間が…

  
  
とはいえ、

やっぱりひとりでやるのは難しい…
 
と思われるかもしれません。
 
 
そのひとつは【時間の確保】にあると思います。
   
 
先ほどいただいたご相談メールに
こんな文面がありました。

== ここから == 
 
やろうと思ってはいるんだけど、
優先すべきことが他にあって、
それをやっていたら時間も気力もなくなって、
取り掛かれていないんです…。
 
== ここまで == 
 
たぶんこの方だけでなくて、
もしかしたらあなたも
当てはまっているかもしれませんね。
 
でも、いまのままの状態は
何か違うと感じるところがあると思います。
 
でなければ、このメールを
ここまで読んで下さっていないですから。
    
 
そこでひとりで取り組むのが難しい…
時間の確保ができない…

という方に向けて、
ひとつ講座の企画を考えています。
  
     
この企画はひとりで取り組むのではなく、
仲間と一緒に時間をかけて、
自分の掘り下げや自己紹介の作成に
取り組むプロセスを通じて、
人生をより好転させていくものです。 
 
実際に本を読みながら自己紹介を作ってみて、
どんなところに躓いているのか、
やってみてのお悩みなどをいただいて、
それらを解決できるような要素を
盛り込んだものにしていくことを考えています。 
   
 
もし、興味があるようでしたら、
以下のフォームからぜひご登録ください。
  
http://hiroyuki.top/cyfons/cf/171212
  
また、ご登録後にお送りするメールの中で、
 
・自己紹介が作れない理由
・自分のことが嫌いになってしまう理由
・自分の考えを文章にしたいと思うのに、文章が書けない理由
・意見を求められても、何を言ったらいいのかわからなくなる理由
・自信を持て!と言われても、自信が持てない理由
・未来の自分を見つけてみたいけど、見つからない理由
・自分をダメなヤツだと思ってしまう理由
・自分の考えを正確に相手に伝えたいのに、伝わらない理由
・やりたいことがあっても、なかなか一歩を踏み出せない理由
・人生の目的がわからず、どこへ行けばいいのか
 人生の迷子になってしまう理由
・他のセミナーで作ったミッションやビジョンがしっくりこない理由
・自分の考えの本質が自分でもわかっていない理由
・売上が上がらない理由
・コミュニティが成り立たない理由

これをひとまとめに、一網打尽に
解決する方法をお伝えします。
 
 
ボクがこれまでにいただいた、
たくさんのお悩みの
一部を抜粋したものですが、
実はこれらすべてが、
たったひとつの原因から
発生したものなのです。
  
 
一見、あまりつながりがなさそうな項目を並べましたが、 
文字化合宿などを通じて、
たくさんの方の成長に関わらせていただいた中で、
発見できた原因です。 
  
   
文章が書けません…。
伝えたいことが伝わらないんです…。
自信がないんです…。
   
どれもあることができていないことが
原因で発生している悩みなのです。 
  
    
この原因と解決方法を知っている人と知らない人では、
これから先の人生に大きな大きな差がつくことは
間違いありません。
 
読んでいただくだけでも、
あなたの人生に必ずお役に立ちますので、ぜひ登録してみてください。
 
  
  
今日は以上になります。 
 
ここまでお読みいただき、
本当にありがとうございました。
 
今回は以上になります。
  
 
この文章を読んでくださった
あなたの心が明るく、軽く、温かく、
幸せになれますことを心からお祈りして、
この文章を締めさせていただきます。
 

今日も長文をお読みいただき、
本当にありがとうございました。
 
 

■心が整う【ことばの朝食】■
体の一日分のエネルギー補給は食事から。
心の一日分のエネルギー補給はこのメルマガでどうぞ。
登録3日後に受け取れる【成果を出す人出せない人の違い】の教材が大好評です。

ご登録はこちらから

The following two tabs change content below.

横川 裕之

人も仕事もお金も引き寄せる「すごい自己紹介」著者。 2016年3月23日の発売日にAmazonのビジネス交渉・心理学部門で1位。 以来、Amazonでは在庫切れが続く。 自分自身の経験を元に開発した通信講座【文字化力強化合宿】において、60代の会社経営者、30代の学校の先生・刑事、20代の専業主婦など、業種年齢問わずに、受講者の人生に革命を起こす。 キーワードは「思考の文字化で人生は100%変わる」。

↑
Facebookでシェア
Twitterでシェア
はてなブックマークに追加