貢献は自分ひとりだけじゃできません

2018.03.18 by 横川 裕之

◎貢献は自分ひとりだけじゃできません

いつもお読みいただき、ありがとうございます。
横川です。

あなたのために…
アイツのために…
会社のために…
あの人のために…
この子のために…
 
 
自分がどんなに尽くしたとしても、
それをどう思うかは相手が決めることで、
自分にはコントロールできないんです。
  
 
もし、相手をコントロールしようとするなら、
「与えたものは与えられる」
で、自分にも誰かが自分を
コントロールしようとする力が
働いてきます。
  
  
相手が自分をどう思うか、
そんな自分でコントロールできないことに
心を奪われている時点で、人生の主導権を
その相手に委ねていることになります。
  
 
相手のために貢献する、というのは、
自分がやりたくてやったことです。
 
それなのに、
その見返りが返ってこない途端、
  
「~してやったのに」
  
って、言い始める。
  
  
ボクがダメなときにやってしまうんですが、
そんな見返りを求められるくらいなら、
相手はそもそもやってくれるな、って思いますよね。
  
 
相手のために貢献できた、
その貢献は相手がいたからこそできたんだ、
有り難いなぁ~。
 
これで充分なはずですが、
そう思えないのがボク自身、
まだまだ未熟なところです。
 
今回は以上になります。
  
 
この文章を読んでくださった
あなたの心が明るく、軽く、温かく、
幸せになれますことを心からお祈りして、
この文章を締めさせていただきます。
 

今日も長文をお読みいただき、
本当にありがとうございました。
 
 

■心が整う【ことばの朝食】■
体の一日分のエネルギー補給は食事から。
心の一日分のエネルギー補給はこのメルマガでどうぞ。
登録3日後に受け取れる【成果を出す人出せない人の違い】の教材が大好評です。

ご登録はこちらから

The following two tabs change content below.

横川 裕之

人も仕事もお金も引き寄せる「すごい自己紹介」著者。 2016年3月23日の発売日にAmazonのビジネス交渉・心理学部門で1位。 以来、Amazonでは在庫切れが続く。 自分自身の経験を元に開発した通信講座【文字化力強化合宿】において、60代の会社経営者、30代の学校の先生・刑事、20代の専業主婦など、業種年齢問わずに、受講者の人生に革命を起こす。 キーワードは「思考の文字化で人生は100%変わる」。

↑
Facebookでシェア
Twitterでシェア
はてなブックマークに追加