時間ができたら、その時間を何に使いますか?

2019.02.05 by 横川 裕之

自己肯定感が世界一高い日本を
未来に遺すために活動している
横川です。
 

前回の【成果を生み出す4つの要素】は
いかがだったでしょうか??

 
「心・技・体」はよく耳にするけれど、
「生活」については、
意識されていなかったかもしれません。

 
じゃあ「生活」を整えていくと
どんな変化があるのか。
 
17期に参加してくださった
整体院を経営されている
川口康次郎さんの事例が
あなたのヒントになると思います。
 
 
===== ここから ===== 

  「はー、なんか毎日毎日だるいな…」
 
毎日毎日、
朝起きてすぐに思ったのは、
生きることへの気怠さ。
 
   
奥さんもいて、子どももいて、
順風満帆な生活のはずなのに、
やる気が湧かない。
 
何をしたいのかも分からない。
なにより、毎日が楽しくない。
 
文字化合宿に参加する前は
そんな日々を過ごしていた。
  

将来に対して、漠然とした不安があり、
その不安を抱えながら、
家族の為に毎日仕事を耐えているだけ。
  
仕事を終え、自宅に帰っても、
自分がゆっくりできる環境はなく、
次第に子どもをよく叱るようになっていた。
 
  
子どもを幸せにしたい、
立派な父親になりたい、
温かい家庭を作りたい、

そう思っていたのに、
それとは反対の行動をとっていた。
 
このままではまずい…。
 
なにか私に良いきっかけをくれるものはないか、
そう思っていたある日のこと。
 
2ヶ月ぶりに会った先輩が
まるで人が変わったかのように
イキイキした目をしていた。
 
会話をしていても、
発する言葉の端々に
毎日の楽しさが滲み出ていた。
 

たった2ヶ月会わなかっただけなのに…。
  
 
「この2ヶ月で何があったんですか?」
 
この先輩が今の私に
必要な情報を持っている、
と直感的に感じた。
 
  
「文字化合宿っていうのをやっているよ」
  

なんか怪しい…宗教にハマったのか…

と、普通なら思うかもしれないが、
そんな風に思うこともなく、
先輩に質問攻めをする。
 
 
本当に頑固で頑固で、
人に何か言われても変わらない人だと
思っていた先輩があまりに変わっていた。
  
 
その衝撃が私に文字化合宿への
参加を迷うことなく決断させた。
 
だが、今はまだ募集をしていない。
 
その文字化合宿の主催者の横川裕之さんが
「こころが整うことばの朝食」という
メルマガを行なっていることを
先輩から聞き、即登録。
 
 
この方のことばを聞いていれば
私も何か好転するはずだ。
 
 
横川裕之さんが発することばを
素直に聞き入れ、咀嚼する。
 
それだけで自分の内面が
前向きになってきた。
  
これは文字化合宿に参加したら
自分はもっともっと変わることができる。
 
17期の募集を知り、即座に申し込み。
 
ワクワクしてしょうがなかった。
 
 
始まった当初は、出されたお題に対して
スムーズに書くことができず、

あぁ、自分はなんてダメなんだ、
あれもできない、これもできない、
 
と思うことがしょっちゅうだった。
 
 
でも、同期のメンバーも同じく、
悩み苦しんでいるのが
メンバーの投稿を読んでいて分かった。
  
 
投稿をすると、
主催者の横川さんからの
コメントを必ず頂く。
  
   
何を投稿しても、否定されることなく、
それを長所とする見方を教えてくれる。
 

自分がどれだけダメな人間かを
さらけ出しても、ぜんぜん否定されない。
  

私という人間を
ありのまま受け入れてくれて、
まるで親の愛情を頂いているような、
近くにいないのに側で温かい目で
みてくれているような感覚になった。
  

同期のメンバーも同じように感じていたのだろう。

日数が経つにつれて、
メンバーの投稿の内容が変わってきた。
 
それまで「できない」投稿ばかりだったのが、
 
これができた、あれができた、と、
 
「できた」投稿を見ただけで
純粋に嬉しくなった。
 
 
そして、私も続こうと日常で行動し始めた。

最初はとにかくしんどかった。
 
しんどかったが、自分が良い行いだと
思う行動をした。
  
 
それを投稿で報告、すると、
横川さんを始めみなさんが褒めて下さる。
 
自分の内側からなにかが
体全体に広がるような
充実感を感じた。
 
もっと充実感を得たいと思い、
日常で思いついたことを行動する。
 
すると、色々なことが変わってきた。
 
 
様々なお題に対して、私の考えを投稿することで
自分の思考の奥深くを文字にすることができ、
自分は何を望んでいるのか、
どうなりたいのか、
これからどうしたいのか、
が明確に分かるようになった。
   
 
メンバーの投稿をみることで

「自分の人生だけが苦しい訳じゃない、
 苦しいのはみんな同じなんだ」
 
頭では分かっていたが、
この文字化合宿を通して、
本当の意味で理解することができた。
 
 
メンバーの色々な考え方に触れることで
自分がいかに無駄にエネルギーを
消費していたかに気付いた。
   
  
日常でのあらゆることに対する捉え方が変わり、
以前よりはるかに行動する自分になり、
ポジティブになった。
  
 
今まで時間がないと思っていたが、
毎日4つの質問を考えて答えていくうちに、
本当は時間がない訳ではないことに気付き、
日常で時間を生み出すことが
できるようになった。
  
 
そのおかげで家族で過ごす時間が
圧倒的に増えた。
 
文字化合宿の前に比べて、
たった3ヶ月で自分の月の収入が
35パーセント上がった。
 
 
なにより、子どもが変わった。
 
今までお手伝いをしたことがない4歳の息子が
「何かお手伝いすることある?」
と聞いてくれるようになったり、
1歳の娘に対して優しく接するようになったり、
できないと思ったら逃げていた息子が、
色々なことに挑戦し、できるようになったことを
満面の笑みで私に教えてくれるようになった。
 
 
自分の人生が豊かになったことを
たった3ヶ月で感じている。
 
そして、この3ヶ月での経験は
一生ものの財産になったのだと
心の底から思う。
  
   
私はこれからもっと豊かな人生になる。
 
 
この長い文章をここまで読んで下さった
あなたに、私は是非、
文字化合宿への参加を
オススメしたい。
   
 
きっとあなた自身も心のどこかで
変わりたい、成長したいと
思っているから、
ここまで読まれたはず。
 
 
自分も変われるのか…
 
そう不安に思っているようであれば、
なおのこと参加すべきだ。
  
 
文字化合宿への参加を決断したということは、
その時点であなたは、
決断できなかったあなたとは
別人になっている。
 
あなたが思い描く理想の生活を
手に入れてほしい。
 
きっと心から笑顔になれる
あなたになることを
私が保証する。

===== ここまで ===== 
 
いかがだったでしょうか??
 
人生は日常生活の習慣の
積み重ねでできています。

文字化合宿ではいろんなお題に
取り組んでいただきますが、
お題を書くための時間を確保するために、
必然的に【時間の使い方】と
向き合っていただくことになります。
  
>今まで時間がないと思っていたが、
>毎日4つの質問を考えて答えていくうちに、
>本当は時間がない訳ではないことに気付き、
>日常で時間を生み出すことが
>できるようになった。

 
誰だって一日の時間は24時間、
平等に与えられています。
  
「時間がない、時間がない」
と、思って行動していると、
その行動が暗示となって、
「時間がない」人間が形成されます。
 
時間を生み出すためには
 
1.一日のスケジュールを立てる
2.一日のスケジュールを振り返る
3.一日のスケジュールを立てる
4.一日のスケジュールを振り返る
5.一日のスケジュールを立てる…
 
一日のスケジュールを立てることと
一日のスケジュールを振り返ることの
繰り返しをするのみです。
 
 
時間がない、と言っている人は
まずスケジュールを立てていません。
  
 
スケジュールを立てていないと、
なんとなく時間を使ってしまい、
氣付いたら「時間がない」という
状況になってしまいます。
 
 
これを毎日繰り返していくと、
やらなくてもいいことがわかったり、
他人に任せることができたり、
作業効率アップを実現するようになり、
結果として時間を生み出すことができます。
 
川口さんはその生み出した時間を
 
>子どもを幸せにしたい、
>立派な父親になりたい、
>温かい家庭を作りたい、

 
と、もともと持っていた思いを
実現させるために使われました。
 
 
その結果、お子様と過ごす時間が長くなり、
お子様に変化が見られたわけです。
 
 
一日を振り返り、
翌日のスケジュールを立てるのは、
未来をどうしようかという
イメージトレーニングにもなります。
  
翌日という最短の未来を実現できないのに、
数年後の遠い未来を実現できるはずがありません。
 
 
いまの積み重ねが未来を創ります。
 
その「いま」がどう創られてきたのか、
これを把握していなければ、
何を直したらいいのかも見えてきません。
 

あなたの理想を
実現させる場が文字化合宿にはあります。
 

18期は2月11日(月)スタートです。
   
詳細はこちらです。
http://pmlifect.com/mojika.pdf

   

ちなみに次回は、

>本当に頑固で頑固で、
>人に何か言われても変わらない人だと
>思っていた先輩
 
に登場してもらおうと思っています。

 
今回は以上になります。 
   
このメールを受け取ってくださった
あなたの心が、
明るく、軽く、温かく、幸せになれますことを
心からお祈りいたします。
 
ありがとうございます。 

The following two tabs change content below.

横川 裕之

人も仕事もお金も引き寄せる「すごい自己紹介」著者。 2016年3月23日の発売日にAmazonのビジネス交渉・心理学部門で1位。 以来、Amazonでは在庫切れが続く。 自分自身の経験を元に開発した通信講座【文字化力強化合宿】において、60代の会社経営者、30代の学校の先生・刑事、20代の専業主婦など、業種年齢問わずに、受講者の人生に革命を起こす。 キーワードは「思考の文字化で人生は100%変わる」。

↑
Facebookでシェア
Twitterでシェア
はてなブックマークに追加